【ウォーキングデッドシーズン9】3話ネタバレと感想 チーム崩壊の危機?!

10月8日よりスタートした、
シーズン9が早くも3話目に突入しましたね!

リックの想いも空しく、救世主メンバーや
ごみ処理場メンバーとも折り合いがつかず、
チーム崩壊の危機が訪れようとしています。

更に、表向きはうまくやっているように
見られるマギー派ともそろそろぶつかって
いくのでしょうか?

そして、リック役のアンドリューは、
第5話で降板ということなので、
リックがどうなるのかも気になりますね。

では、そんな「ウォーキングデッド
シーズン9」の第3話について
ネタバレや感想をまとめていきたいと
思います!

 

スポンサーリンク

 

ウォーキングデッドシーズン9 3話ネタバレ

救世主メンバー ジャスティンを〇ったのは誰?

第2話のなかでダリルにぶん殴られたり、
作業中においたをした結果、

ウォーカーの群れを作業場に呼び寄せてしまう
という大失態をやらかした、元救世主メンバーの
ジャスティンが、なんとウォーカーに喰われていた。

その後、ジャスティンもウォーカーに転化していく・・・
そして、その付近にある建物の壁には、
「FINAL WARNING」(最後の警告)という
メッセージが書かれていた。

救世主メンバーがブチギレ!!

一方、アレクサンドリアでは、
平穏を取り戻し、穏やかな日々を過ごす
リック一家。

新しく街のルールなどを考えるなど、
平和になっても日々忙しくしている。

また、リックとミショーンは、
ジュディスとの幸せなひとときを
過ごしながらも、

将来ふたりの子供を出産するのか
どうかについて茶化しあっていた・・・

そのころ、マギーはアレクサンドリアに食料を
運びに行く道中で、救世主メンバーと出くわす。

彼らは、失踪した仲間(ジャスティン)を探して
いたのだった。

緊迫した状況の中、バトルが始まりそうな
雰囲気になってしまったが、

救世主メンバーの女性(アラットとローラ)が
その場をなだめてくれたお陰で何事も
なく終わった。

その後、ウォーカーに転化したジャスティンを
マギーが発見し、死因が事故ではなかったことが
新たにわかる。

そして、その知らせをスコットからミショーンが
受けていた。

救世主メンバーが遂に暴動を起こす?!

ジャスティンの遺体が工事現場の
キャンプ場に運ばれてきたとき、

救世主メンバーは感情を抑えることが
できない様子で、興奮状態になり、
大きな暴動になりかけていた。

そして、アルデンが喧嘩を阻止しようとするが、
ジェドに殴られてしまう。

そんな折、キャロルが事態を収束させようと、
銃を構えると、救世主たちも応戦しようと
反撃する姿勢を見せて、今にも争いが
起こりそうな気配に陥ってしまう。

そんなときにリックが現れて、
暴動を阻止してくれた。

スポンサーリンク

ジャスティンを〇ったのはアン?!

リックはガブリエルに対してアンが昨夜
どこにいたのかを尋ねたが、
ガブリエルは、昨晩はアンとずっと一緒に
いたと答える。

リックは、ガブリエルに対して
アンの事を疑っている人がいるから
注意深く見守るようにと忠告する。

その後、ガブリエルとアンの会話になり、
ガブリエルはアンと一緒にいたと
リックに対して嘘をついていたことが
明らかとなる。

ガブリエルは、昨夜アンと親しい時間を
過ごした後、どこかに姿を消していたのだった・・・

ダリルとマギーはリックに同意できるのか?

リックはダリルやに対して
誰がジャスティンの命を奪ったのかを
質問する。

衝突はしていないものの、
ダリルはどこか不服そうな様子。

そして、ダリルに対して
「救世主メンバーの中には、ダリルが
ジャスティンの命を奪ったと思っている
人物がいる」と告げる。

それに対してダリルは、
「グレン、エイブラハム、サシャといった
仲間の命を奪った救世主メンバーを
生かしているのはなぜ」と問う。

リックは、「かつてダリルの兄であるメルルに対して
過去の悪事を許すことができたことを思い出して
欲しいと、そして歩み寄る努力をしてほしい」と
お願いをする。

アラットをさらった人物とは?

リック一行は、無線で連絡を取りながら
ウォーカーの討伐をしていた。

リックはグリッド5にも連絡を取るが、
なかなか現れない。

そこで彼らを探しに行くと、ひとりの
男性が気絶していた。

そして、アラットが行方不明に
なっていることに気づく。

一方、ダリルとマギーはリックに対して
同意できる心づもりではないが、
リックの考えが間違っているわけでもないと
認めていた。

アンとガブリエル

夜になり、アンはゴミ山にいた。
そして、ゴミ山の中から金属製の箱を
発見し、箱を開けると無線機が入っていた。

そして、謎の男と無線でやり取りを
している。

アン「ジェイディスよ。聞こえてるんでしょ?昨夜ヘリを見たわよ」

無線の向こうから男の声「どっちだ?AかBか?」

アン「昨夜何があったの?彼らをさらったの?」

男「いや、だが取引はまだ終わっていない。AかBか?」

アン「もう責任を果たした」

男「報酬を受け取っただろう」

アン「何をすればいい?」

男「Aだ」

このやりとりによって、物資の為にアンが
ジャスティンを差し出していたことがわかる。

そして、ガブリエルがアンを尾行していたのか、
ゴミ山に現れる。

アンは、これまでのことがあったためか、
何をやっても疑われてしまうため、
なかなか集団にとけこめなかったことを
告白する。

そして、ガブリエルに対して、
このまま二人で遠くに行くことを提案するが、

ガブリエルはアンの誘いを断り、
リックに伝えると言う。

アンはガブリエルを殴って気絶させる。

救世主メンバーが信用できない

アラットを捜索するキャロルとリックは、
救世主メンバーのジェドに待ち伏せをくらい、
キャロルは喉元にナイフを突き付けられてしまう。

リックは銃をジェドに向けて応戦しようとする。
そして、リックが頭を動かして合図をすると、

キャロルは袖に潜ませていたナイフで
ジェドを切りつけて危機を逃れる。

一方、ダリルとマギーはアラットに対して
銃を向けているオーシャンサイドの女性たちと
出くわしていた。

ジャスティンは、彼女たちの家族の
命を奪っっていたのだった。

オーシャンサイドのメンバーである
シンディは、リックのルールを
尊重はするものの、

マギーが行ったグレゴリーの処刑を機に
救世主メンバーを一人ずつ片づけていたのだった。

アラットは、ダリルに対して
「今は変わった」ことを訴え、
助けを求めるが、

ダリルとマギーは向きを変えて
その場を立ち去る。

そして、シンディはアラットに対して
かつて言われた「例外は認めない」を
実践し、処刑をする。

そして、マギーはダリルに対して
「ニーガンと会う時が来た」と
言う。

 

【ウォーキングデッドシーズン9】3話の感想

リックの想いはわかるけど、
心を傷つけられたメンバーからしたら、

「ムリなもんは無理」ということが
物凄く伝わってくる放送回だったなと
感じました。

例えでいうなら、会社で自分の命が
脅かされるほどのパワハラを受けた後、

冷静でいられることができますか?
という状況に似ているなと感じました。

3話のラストを見る限りでは、
マギーもダリルも結局は
リックの考えに賛同できない様子かなと。

第4話では、マギー派がリックに対して
暴動を起こすのかどうかが気になりますね・・・

リックもあと2話で降板ということですし、
何か衝撃的な結末が待ち受けているのか・・・

毎週毎週目が離せない展開に
ドキドキさせられます・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です